斉藤恵一 Official Site>コミュニケーションスキル>「共感」ではなく「理解」

「共感」ではなく「理解」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「共感」ではなく「理解」

セルフマネジメントプロデューサー

メンタルコーディネーターの斉藤恵一です。


昨日は「ゼロ円採用! コアプロ式ダイレクトリクルーティング」

のZOOMセミナーでした。


各回5名の少数限定でやらせていただいているのですが、

直前で1名キャンセルで2名ログインされないという事態がが発生!


なんと、参加者2名という超少数セミナーとなりました  苦笑


昨日感じたことは、集客セミナーとか、求人セミナーをやる前に

zoomの活用方法をお伝えすることをした方が良いのかか~~と・・・・。


僕はzoomができてくれたおかげて、

セミナーもコンサルティングも

今は半分以上はzoomでやっています。


zoomができてくれたおかげで、

時間の壁、距離の壁、コストの壁がなくなりました 笑


まぁ、もし興味がある方が多ければ

zoomの使い方をお伝えするライブを

やっても良いかもしれませんね。



とま、本題はここではなく、

ちょうど昨日の求人セミナーでもお伝えしたことでもあるのですが、

とにかく重要なことは、「相手を理解する」ということです。



先日、テレビ番組の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」で

昭和vs平成世代の大激論というテーマで放送されたわけですが、

そこに、中村トメ吉さんのサロン「GOALD」の米田店長さんが

出演されて色々と語られました。


ご覧になられた方も多いと思いますし、

色々と感じされた叔父様世代も多かっったのではないでしょうか。 汗


しかし、これがリアルなんですよね~~。

米田さん現在26歳とのことですが

まさしくこれが平成の価値観なのでしょうね。

 

そして、これからはさらに令和の価値観となっていきます。

 

正しさの前に「理解」→「適応」って大事です。 

 


「今時の若い奴らは」と言っていると

「終わってる!」って言われちゃいますよ。


https://www.youtube.com/watch?v=joWIvCQLOlc



学生を採用したければ、若者のいるフィールドに行き、

若者の価値観を理解し、若者の言語で、若者のスタイルで

コミュニケーションすることなんですよね。


ですが、そこで「正しさ」とか、「正解」とか、「正義」

ということを話してしまうと

全く噛み合わなくなってしまいます。


だって、世代が違うし、世代が違えば価値観のギャップがあって当たり前で

どっちが「正しい」とかではなく

「正しさ」が違うわけですから

噛み合うわけがないのです。



価値観が違うから、最初から「共感」を求めるとこじらせますよ。


そして、「私たちのことをわかってくれない人」のことを

理解しようとはしてくれません。


だから、大事なことは「共感」ではなく「理解」です。

「理解」は自分の中にないものを知り、受け入れる努力です。


わかってあげようという努力をすることで

相手もわかってくれようと努力をしてくれます。



全ては「返報性の法則」です。

愛して欲しければ
まずは愛すること。
 
わかって欲しければ
わかってあげること。

ですね。

斉藤恵一

斉藤恵一

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斉藤恵一は、こんな記事も書いています。

  • 【サラリーマンが感じる「もっとやっておけばよかった」と後悔していることとは・・・】

    【サラリーマンが感じる「もっとやっておけばよかった」と後悔していることとは・・・】

  • 「Instagram×LINE集客の専門家」とのコラボライブ!!

    「Instagram×LINE集客の専門家」とのコラボライブ!!

  • ホリエモンも予言!! 会社はなくなる!! これからは個の力で稼いでいく時代!!

    ホリエモンも予言!! 会社はなくなる!! これからは個の力で稼いでいく時代!!

  • 売れる人の共通点をお話しします。

    売れる人の共通点をお話しします。

  • 心理学って必要なの?

    心理学って必要なの?

  • ラグビーワールドカップ2019 は何故ここまで盛り上がったのか?その人気の秘密に迫る

    ラグビーワールドカップ2019 は何故ここまで盛り上がったのか?その人気の秘密に迫る

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2019 斉藤恵一 Official Site All rights reserved.