斉藤恵一 Official Site>セルフマネジメント>赤ちゃんは何故、歩けるようになるのか?

赤ちゃんは何故、歩けるようになるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
赤ちゃんは何故、歩けるようになるのか?

個の力を高める専門家

セルフマネジメントプロデューサー

メンタルコーディネーターの斉藤恵一です。




昨夜は再び長岡に上陸


昨夜は長岡の「しょうへいの店」さんでスタッフ研修。


進化に必要なことは「チャレンジ」

チャレンジに必要なことは

チャレンジを妨げる「不安」や「恐怖」

と言う名のリミッターを外していくこと。


リミッターを外してニュートラルになることができれば

進化の速度が加速化します。


子供の成長が大人に比べて早いのは

そこに理由がありますね。




なぜ「執着」するのか


何かに「欲する」ということは何かに執着していること。

何かに「執着する」ということは、

それが無ければならない、
それが無ければ幸せではない
それがなければ価値がない
という勘違いをしているということ。
そして、「執着する」ということは、

今、それが自分の中に「無い」ということ。
今、それが無い「私」は

「幸せ」ではないし

「価値がない」といことになっていきます。


「執着」という思考を外し「無」になる事で、

本当の自分に戻り、本能のまま成長していきます。



赤ちゃんは何故、歩けるようになるのか?


何故、赤ちゃんは歩けるようになるのか?

よくわからんけど、なんとなく、

ただ歩きたいと強く思ったから。


そして、何度も何度も失敗するのに、

何故諦めなかったのかというと「無」だったからです。



歩き方もわからないけど、周りのみんな歩いているし、
みんなのように歩けるものだと信じて、

歩けることが「普通」だと思ったから

諦めず練習した結果、歩けるようになった。


子供が何かに向かって突き進むときは、

「自信」なんてまったく必要ありません。


自分という存在さえ、意識していません。

頭の中にあるのは、興味の対象のことだけです。


そこに障害などがあっても関係ありません。


「出来るか」「出来ないか」

「やっていいのか」「悪いのか」

それすら考えずにただ、

自分の感情に素直なっているだけ。


僕たち大人も子供の頃のように

ニュートラルな状態に慣れれば

覚醒が起きますよ。


きっと (^_-)



Let’s セルフマネジメント!!

Let’s
became a HERO!!


追記・

ホテルを出るとそこには新日本プロレスの

バッドラック・ファレ選手とタマ・トンガ選手が
そりゃ〜〜 ミーハー心丸出しで
写真撮ってもらうよね〜〜 (笑)


斉藤恵一

斉藤恵一

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

斉藤恵一は、こんな記事も書いています。

  • 夢は見つけるものではなく最初からあるもの気づくこと

    夢は見つけるものではなく最初からあるもの気づくこと

  • キングコング 西野亮廣さん講演会

    キングコング 西野亮廣さん講演会

  • 自分らしく生きるということは 自分の感情に素直になること。

    自分らしく生きるということは 自分の感情に素直になること。

  • 今日は横浜で・・・

    今日は横浜で・・・

  • ランディー・ザッカーバーグ氏はなぜ、Facebookをやめたのか?

    ランディー・ザッカーバーグ氏はなぜ、Facebookをやめたのか?

  • 結果を変えたければ行動を変えるのではなく、◯◯を変える

    結果を変えたければ行動を変えるのではなく、◯◯を変える

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス